教育コラム

勉強」という概念の伝達 by LFLの家庭教師

勉強」という概念の伝達

こんにちは!

齋藤@代表です。


お子さんの「勉強」に対するとらえ方を決定づける要因について、

あなたはどのように考えていますか?

勉強はおもしろくない」

勉強はたのしい!」

など、勉強に対して子どもたちは個々それぞれ違った捉え方をしていますよね。


今回は、なぜ子どもたちにこのような捉え方の違いが生まれているのか、

私の考えをご紹介いたします。



まずこんな事例を考えてみましょう。


先天的に、目の見えない人が医学の進歩によって

手術を受けて、目が見えるようになりました。


この人から次のように質問されたら、

あなたはどのように答えますか?


「赤って、何ですか?」


ある人はこう答えます。

「赤とは、波長0.6ミクロンの範囲にある光によって体験される色だよ」


またある人はこう答えます。

「これは赤い帽子ね。これは赤いペン。これは赤い服。これは…」


果たしてこの目の見えなかった人にとって、

どちらのほうが「赤」という概念が伝達された、と言えるでしょうか?



実は、上記のお話はR.R.スケンプという方が書かれた

「数学学習の心理学」という本のなかで出てくるお話です。


あなたはどちらのほうが「赤」という概念が分かりやすいと思いましたか?


一人目の説明方法は、定義を与える教え方になります。

二人目の説明方法は、数多くの例を与えることにより、

そこから共通する性質としての赤を感じとらせる方法です。


上記の例からもわかるように、

一般的に概念を伝達する場合、

定義によって与えるだけが唯一の方法ではありません。

定義は物事の正確さを表現する意味では大切かもしれませんが、

概念の伝達という意味においては、その目的達成のためには

必ずしも有効だとはいえません。


当然ですが、数学を教える場合に関しても定義を与えるだけで

概念の伝達という目的が達成されるわけではありません。

子どもたちへの指導においてもこれらを十分に配慮し、

目的によってどちらの方法で指導していくのかを考えることが必要です。


さて、ここで上記を踏まえたうえで少し応用して考えてみます。


勉強」という概念ははたしてどのようにお子さんに伝達されているのでしょうか?


子どもたちはお母さんのお腹の中から産まれてきてから、

ずっと周りの人間の使う言葉に埋もれて生活をします。


その中で「勉強」という言葉も学んでいきます。

最初に「勉強」という言葉を定義によって学ぶわけではありません。

周りの人間の使う「勉強」という言葉の意味を数多く見聞きしながら、

勉強」という概念を学び、イメージを形成していくことになります。


たとえば、ある大人たちは「勉強」という概念に対して、

"苦しい"と言った意味をこめて使用していたとします。

おそらく、こういった環境に身をおいているお子さんは、

身の回りの大人たちが使う「勉強」という概念の共通する性質として

勉強は苦しいものだと学習することになります。


また、ある大人が「勉強」という概念に対して、

"机の上でするもの"という意味を込めて使用していたとします。

おそらく、こういった環境に身をおいているお子さんにとっては、

身の回りの大人たちが使う「勉強」という概念の共通する性質として、

勉強は机の上でするものだと学習することになります。



つまり、

お子さんの身の回りの大人の使う「勉強」の意味合いによって

お子さんの「勉強」という言葉の概念形成に影響を与えています。

イメージを左右しているということです。


勉強」は一生涯必要です。

勉強」についてマイナスの概念伝達をしてしまうことは、

お子さんにとって、負の財産となってしまいます。

そんな負の財産の伝達は決してしてはいけませんよね。


家庭教師の先生の「勉強」に対するとらえ方はとても大切です。

保護者さまの「勉強」に対するとらえ方はとても大切です。

身の回りの大人の「勉強」に対するとらえ方はとても大切です。


知らず知らずのうちにお子さんにあなたの考える

勉強のイメージが伝わっていることに意識を向けてみてください。


きっとお子さんへの接し方も変わっていくはずです。


LFLの家庭教師では、

先生の「勉強」に対するとらえ方・考え方を大切にしています。

代表である齋藤がひとり一人の先生と面接試験を実施しているのは、

この点をチェックするためでもあります。


勉強はたのしい」

勉強はおもしろい」

と疑いもなく心底思っている先生から直接教わることこそが、

お子さんが勉強のたのしさ・おもしろさをよりよく実感する秘訣です。


「お子さんにこんな風に感じてほしい!」

と、ぜひお気軽にご相談いただけたらと思います。


そうなれるような先生をご紹介できたらと思います。


WRITTEN by SAITO

>>一覧に戻る

家庭教師のプロフェッショナルが考える勉強法ガイドブック!


*下記より第1章・第6章をワンクリックで見ることができます。

 先に中身をちょっと見たい、という方のために・・・⇒ガイドブックsample

*本ガイドブックはこのフォームでのみ入手可能です。非売品です。

*メールアドレスはプライバシーポリシーを順守しています。⇒プライバシーポリシー

 なお、メールアドレスは本ガイドブックのフォロー・最新の指導ノウハウ提供以外の目的で使用することはございません。また、個別の勧誘等は一切ございませんので、どなた様も安心してダウンロードされて下さい。

ネット動画番組へ出演!

ネット動画番組「覚悟の瞬間」
代表の齋藤が取材を受けました!
LFLの家庭教師/齋藤動画

教育への想いを語ります!
ぜひご覧下さい!

代表執筆メルマガ

家庭教師部門第1位!
読者数5万人超えました!

家庭教師,メルマガ

最新号のサンプルはこちら
Powered by まぐまぐ!

勉強ノウハウ大公開!

無料プレゼント実施中!
クラス最下位から1位達成!
家庭教師,勉強法

プロ考案!秘伝。
「花火チェック法」とは…?
ぜひご覧下さい!

コラム執筆協力!

大学教職課程テキスト
「授業改善」

に執筆協力いたしました。

授業改善

p.42 コラムA
「あの先生のように!」
この想いから始まった私の冒険
ぜひご確認ください!

次世代リーダーに選出!

次世代リーダー応援サイト
Leaders Style に掲載されました!

授業改善

ぜひご確認ください!

取材協力!

プレジデントファミリー
取材協力をいたしました。

家庭教師,プレジデントファミリー

業界の裏事情特集。
「信じていいの?塾講師の言葉」
ぜひご確認ください!

厳選教育コラム・ノウハウ

代表ブログ&SNS!

あなたとの出会いに感謝。
ブログ&SNSでもぜひぜひ!

【ブログ】
累計3,000記事以上!
齋藤の教育ネタがココに集結!
家庭教師,代表ブログ

【フェイスブック】
お友達申請、大歓迎です!
家庭教師,代表フェイスブック

【ミクシィ】
マイミク大歓迎です!
家庭教師,代表ミクシィ

【ツイッター】
ぜひフォローしてください!
家庭教師,代表ツイッター

ABOUT US

感謝の言葉をリアルタイムで

サイト内検索 powered by Google