教育コラム

どこまで具体的に指示するか by LFLの家庭教師

どこまで具体的に指示するか

こんにちは!

齋藤@代表です。


「よい授業って、どんな授業?」


あなたはこの質問に対して、どう答えるでしょうか。


今回は、よい授業とは何なのか。

子どもたちへの指示出しの観点からご紹介しますね。


まず、私がかつて指導していた大手進学塾(小中学生向け)におけるよい授業を紹介します。

これは、いわゆる明確な指示出しを多用する"統制の取れた授業"をよい授業としていました。


これが私にとってのはじめてのよい授業でした。


たとえば、次のような指示出しを行います。

・「ノートを開こう」

・「鉛筆を持って」

・「赤ペンを置いて」

・「顔を上げて」

・「いったん書くのをやめて」

・「黒板をずっと見てて」


子どもたちのひとつひとつの動作に対して、

あらかじめ先生が具体的な指示を出していきます。

その通りに子どもたちが動くような授業をよい授業と考えます。

*蛇足ですが、大手塾は先生の指示に忠実に従う子をよい子として考えています。


私は、当時、ひたすらその道を極めていきました。

私も大手塾の方針に従い、統制の取れた授業を行っていました。


しかし、あるときから、ふと疑問に思うことがありました。


「もし指示を出されなくなったら、この子たちはどうなるんだろう?」

「これは指示待ち人間を育てていることになるのではないだろうか?」

と。


指示されて、その通りに動くことは簡単です。


しかし、指示されることがなくなったとき、

この子たちはいったいどうなってしまうのでしょうか。

指示をされずに自分で考えて立派に物事を進めていけるように育つのでしょうか。


あなたはどう思いますか?



私はそんな疑問を持ち始めてから、

「いったい、どこまで具体的に指示出しをすればいいんだ?」

と日々の葛藤が始まりました。



指示をしすぎることによって、

指示されないと動けない人間に育ってしまうかもしれない。

でも、

指示をしないことによって、

ひとりひとりの子どもたちが自分勝手な行動をしてしまったら、

せっかくの学習の機会を逃してしまうかもしれない。


その狭間の中で日々葛藤する生活を送っていました。


そして、私のなかでひとつの結論に至りました。


「そうか!目標によってどちらを採用するのか変わるんだ」

と…。



試験の点数を取らせることを目標として設定するのであれば、

細かく具体的な指示出しを行い、ひたすらそれにしたがってもらうことで、

こちらでどんどん誘導して点数を取れるように指導を行います。


指示をされなくとも自分で考えて行動を起こすことを目標として設定するのであれば、

あらかじめ指示出しを先生がしてしまうのではなくて、

お子様自身が自分自身で次の行動を考え実行することができるように、

発問を中心に交えてお子様自身に考えさせるような指導を行います。


そして、その発問によってお子さま自身から出てきた

ひとつひとつの子どもたちの考え・行動に対して先生が評価を行い、

フィードバックを与え続けていくことで自ら考え行動できる人へと育てます。

これによって、お子様の行動の変化を促していくわけです。


指示出しひとつをとっても、

どういった目標を設定するのかによって指導のアプローチが異なります。


そのため、ご家庭からいただくご要望はとても大事です。

ご要望によって、どう指導をしていくのか日々の指導方針が変わるからです。



ここでよくいただくご依頼ケースをご紹介しますね。


現在、ご依頼をいただいているご家庭の多くは、

最初の段階ではまずは学習する機会を逃さないように・・・と考えて、

事細かに具体的な指示出しを行うことが多いです。

これはすぐに成績アップをさせる必要があるためです。


しかし、こういった指導では成績がアップしたとしても、

先生がいなくなったらすぐにまた元に戻ってしまう、という状態になります。

理由は自分で考えて自分で行動させる指導にはなっていないからです。

先生が手取り足取り指示を出して成績アップさせているためです。


そこで成績がアップしたあたりから指導方針を変えていきます。

具体的には、少しずつ指示出しを減らしていくように微調整をしながら、

指示出しされなくともお子様自身が自分で考え行動できるように促していくわけです。


そうすることによって、

自分ひとりでも成績を維持・向上できる人になるように導いていきます。


これが今のLFLの家庭教師の指導のスタンダードとも言えるかもしれません。


「成績をあげてほしい」と考える保護者がいる一方で、

「自分でできるようにしてほしい」と考える保護者の方もいらっしゃいます。


また、両方とも求めている保護者の方も実に多いです。

だからこそ、このような指導になっている、とも言えます。



基本的にはご家庭のご要望にあわせた指導をしています。

これらは単なる指導方法の一例にすぎません。

大切なことは親御さんがお子様にどのように育ってほしいと考えているのか、です。



保護者の方は指導のプロフェッショナルではありません。

ですので、具体的な指導法をご存じない方がとても多いです。


一度LFLの家庭教師へご相談いただけましたら、

親御さんの思いを実現できるような指導法をご提案&実行できたらと思います。


WRITTEN by SAITO

>>一覧に戻る

家庭教師のプロフェッショナルが考える勉強法ガイドブック!


*下記より第1章・第6章をワンクリックで見ることができます。

 先に中身をちょっと見たい、という方のために・・・⇒ガイドブックsample

*本ガイドブックはこのフォームでのみ入手可能です。非売品です。

*メールアドレスはプライバシーポリシーを順守しています。⇒プライバシーポリシー

 なお、メールアドレスは本ガイドブックのフォロー・最新の指導ノウハウ提供以外の目的で使用することはございません。また、個別の勧誘等は一切ございませんので、どなた様も安心してダウンロードされて下さい。

ネット動画番組へ出演!

ネット動画番組「覚悟の瞬間」
代表の齋藤が取材を受けました!
LFLの家庭教師/齋藤動画

教育への想いを語ります!
ぜひご覧下さい!

代表執筆メルマガ

家庭教師部門第1位!
読者数5万人超えました!

家庭教師,メルマガ

最新号のサンプルはこちら
Powered by まぐまぐ!

勉強ノウハウ大公開!

無料プレゼント実施中!
クラス最下位から1位達成!
家庭教師,勉強法

プロ考案!秘伝。
「花火チェック法」とは…?
ぜひご覧下さい!

コラム執筆協力!

大学教職課程テキスト
「授業改善」

に執筆協力いたしました。

授業改善

p.42 コラムA
「あの先生のように!」
この想いから始まった私の冒険
ぜひご確認ください!

次世代リーダーに選出!

次世代リーダー応援サイト
Leaders Style に掲載されました!

授業改善

ぜひご確認ください!

取材協力!

プレジデントファミリー
取材協力をいたしました。

家庭教師,プレジデントファミリー

業界の裏事情特集。
「信じていいの?塾講師の言葉」
ぜひご確認ください!

厳選教育コラム・ノウハウ

代表ブログ&SNS!

あなたとの出会いに感謝。
ブログ&SNSでもぜひぜひ!

【ブログ】
累計3,000記事以上!
齋藤の教育ネタがココに集結!
家庭教師,代表ブログ

【フェイスブック】
お友達申請、大歓迎です!
家庭教師,代表フェイスブック

【ミクシィ】
マイミク大歓迎です!
家庭教師,代表ミクシィ

【ツイッター】
ぜひフォローしてください!
家庭教師,代表ツイッター

ABOUT US

感謝の言葉をリアルタイムで

サイト内検索 powered by Google