指導ノウハウ

生徒主体の指導とは? by LFLの家庭教師

生徒主体の指導とは?

こんにちは!

齋藤@代表です。


突然ですが、私は家庭教師における指導では、

お子様の頭のなかに「?」をいっぱい作り出すように

仕向けることがあります。


もちろんお子様の状況に応じて、

指導スタイルを変化させているのですが、

家庭教師での指導の基本方針として「?」を作り出します。



なぜ、わざわざ「?」を作り出すのでしょうか?

この点について、あなたにぜひ考えてもらいたいです。


今回のコラムではこの点についてお話ししたいと思います。



ここで、よりわかりやすくなるようにするために、

生徒Xが、先生Aと先生Bの2人から指導を受けることを想定します。



早速ですが、まず一般的な先生Aによる指導スタイルをご紹介します。


先生A:「ここは、○○だから、△△になるんだよ」

先生A:「わかったかな?」

生徒X:「はい、わかりました」



この一瞬の先生Aと生徒Xとのやり取りはよくみられるものです。

ですので、何ら問題はないように見えるかもしれません。

しかし、実はとても致命的なことが行われています。


それは、

なぜこのお子様は、家庭教師の先生による指導が必要なのか?

という点です。


上記の指導スタイルは、

もともと学校でも同じように、

集団指導塾でも同じように頻繁に行われています。


である以上は、もしこの指導スタイルで

このお子様が学習することができるのであれば、

それはすでに学校や集団指導塾で十分間に合っていることになる…

ということにはならないでしょうか。


つまり、この指導スタイルで良いのであれば、

もともと家庭教師の先生は必要ないことになります。

(もし、このお子様が家庭教師の先生Aの指導によって、

 学習できない場合は、さらに自信を失ってしまうことになりかねません)



いま、このお子様に必要なことは、

一方通行の知識伝達型の指導スタイルではなく、

お子様自身に自分自身の頭で一回考えてもらう機会を

取り入れることではないでしょうか。


また、その機会を通じて、

一度この子の頭の中に「?」を作り出し、

意図的にどこがわからないのかをわかるような状態にします。



つまり、お子様自身にとって、

どこの部分がよくわからないのかを

明確にしてあげることが学習のための第一歩になるわけです。



ここで、家庭教師の先生としてのよい先生をご紹介します。

先生Bは、次のような指導スタイルを取って

生徒自身が何がわかっていないのかを明確してあげる指導を実施します。


先生B:「これを先生に説明してくれるかな?」

生徒X:「えっと。ここは、○○なんだけど…確か、えっと、う〜ん…」

先生B:「この部分がわからないんだね」

生徒X:「…うん」

先生B:「ここは○○ということだから、△△だね」

生徒X:「そっか!△△だった!」



上記の例では単純化していますが、この例でいえば、

生徒Xにとって、△△という部分がわかっていないことを

まず生徒本人に自己認識させ、先生が教えるのはその部分に絞って、

指導することが可能となりました。


本当の意味で生徒想いの先生の指導と言えますね。



今回の先生Aと先生Bの指導スタイルの例では、

とても短い時間で指導スタイルを表現しているのですが、

大きく次の2つの視点からの指導スタイルとして分類できます。


・先生Aは、先生主体の指導スタイル

・先生Bは、生徒主体の指導スタイル

という分類です。



「?」を作り出すことは、

先生主体の指導スタイルではなく、

1人ひとりの生徒を中心に考えた指導法となります。



ここで、先ほどの先生Aに教わった場合の生徒Xのその後を見てみましょう。

生徒Xは次のようになるケースがあとを絶たないようです。



先生A:「じゃあ、今日はこれでおわりね」

生徒X:「ありがとうございました!」


その後…


生徒X:「授業わかりやすかったなぁ〜。」

       ↓

生徒X:「あとで、やりなおしてみよう!」

       ↓

生徒X:「よくわからないよ…」

       ↓

生徒X:「自分は頭が悪いんだ…」



LFLの家庭教師では、

これは生徒Xの頭が悪いのではなく、

先生Aの指導法がよくないと判断します。



先生Aは、先生本位の指導を中心として考えているがゆえに、

マンツーマン指導の利点である生徒1人ひとりの理解に合わせた指導をしていない

のです。

マンツーマンという形態であっても、マンツーマン指導の利点を先生が理解していないと、

こういった指導になってしまうのが現状です。


そしてこの指導法が横行しているのが今のマンツーマン指導の業界なのです。



一般的には、先生自身が勉強ができる人間であっても、

指導ができる人間であるとは限りません。


そもそも勉強法と指導法が異なる以上は、

子どもたちに指導するすべての人間が、指導とは何か、

を学ぶことが必要であると考えます。



ただ一般書籍では、

勉強法に関する本の数が圧倒的に多く、

指導法に関して学べる本が非常に少ないのが現状です。


だからこそ、LFLの家庭教師で活動する先生には

全員が指導について絶えず学べる体制を整えていきたいと考えています。

また指導のプロフェッショナルである代表に相談できる体制を整えているわけです。



LFLの家庭教師は先生主体の指導スタイルではなく、

生徒主体の指導スタイルとなるように、邁進していきます。

今の先生では伸びなかった、というお子様大歓迎です。

きっとLFLの家庭教師ならぐんぐん伸びていくことでしょう。


ぜひお気軽にご相談いただけたらと思います。



WRITTEN by SAITO

>>一覧に戻る

家庭教師のプロフェッショナルが考える勉強法ガイドブック!


*下記より第1章・第6章をワンクリックで見ることができます。

 先に中身をちょっと見たい、という方のために・・・⇒ガイドブックsample

*本ガイドブックはこのフォームでのみ入手可能です。非売品です。

*メールアドレスはプライバシーポリシーを順守しています。⇒プライバシーポリシー

 なお、メールアドレスは本ガイドブックのフォロー・最新の指導ノウハウ提供以外の目的で使用することはございません。また、個別の勧誘等は一切ございませんので、どなた様も安心してダウンロードされて下さい。

ネット動画番組へ出演!

ネット動画番組「覚悟の瞬間」
代表の齋藤が取材を受けました!
LFLの家庭教師/齋藤動画

教育への想いを語ります!
ぜひご覧下さい!

代表執筆メルマガ

家庭教師部門第1位!
読者数5万人超えました!

家庭教師,メルマガ

最新号のサンプルはこちら
Powered by まぐまぐ!

勉強ノウハウ大公開!

無料プレゼント実施中!
クラス最下位から1位達成!
家庭教師,勉強法

プロ考案!秘伝。
「花火チェック法」とは…?
ぜひご覧下さい!

コラム執筆協力!

大学教職課程テキスト
「授業改善」

に執筆協力いたしました。

授業改善

p.42 コラムA
「あの先生のように!」
この想いから始まった私の冒険
ぜひご確認ください!

次世代リーダーに選出!

次世代リーダー応援サイト
Leaders Style に掲載されました!

授業改善

ぜひご確認ください!

取材協力!

プレジデントファミリー
取材協力をいたしました。

家庭教師,プレジデントファミリー

業界の裏事情特集。
「信じていいの?塾講師の言葉」
ぜひご確認ください!

厳選教育コラム・ノウハウ

代表ブログ&SNS!

あなたとの出会いに感謝。
ブログ&SNSでもぜひぜひ!

【ブログ】
累計3,000記事以上!
齋藤の教育ネタがココに集結!
家庭教師,代表ブログ

【フェイスブック】
お友達申請、大歓迎です!
家庭教師,代表フェイスブック

【ミクシィ】
マイミク大歓迎です!
家庭教師,代表ミクシィ

【ツイッター】
ぜひフォローしてください!
家庭教師,代表ツイッター

ABOUT US

感謝の言葉をリアルタイムで

サイト内検索 powered by Google